Blog

ブログ

痛みの原因と改善方法

≪なぜ痛みが
治らないのか≫

************
マッサージや整体にいっても
帰ってからすこし動くと
やっぱり痛い

筋肉はほぐれた気がするけど
痛みは変わらない
************

そんなこと、
経験ありませんか?

その変わらない痛みには
理由があります。

 

 

ランニング専門
整体&トレーニング
リプラスの笹谷です。

 

24時間365日
一緒にいる身体。

 

そんな身体の状態、
意外と気が付かない
ことが多いです。

 

ベッドに楽な状態で
寝てください。

と言うと真っすぐに
なるような気もしますが、
意外と曲がってしまう
ことがあります。

 

本人はまっすぐでも
外から見ると写真くらい
曲がっている
場合があります。

 

捻挫や打撲のように、
一瞬で変化があれば
気が付くし、ケアも
できるのですが、
毎日少しずつ
歪んだりすると
それも出来ません。

 

寝ている状態で
これくらい違うので、
立ったり、動いたり
するともっと大きな
歪みが生じます。

 

これが慢性的になると、
関節や骨、筋肉
血管などに負担がかかり
痛みへと変わります。

 

 

じゃあ、なぜ歪むのか?

それは普段の姿勢や
体の使い方の癖です。

 

日常生活をする上で、
左右均等の動きを
することは
ほとんどありません。

 

ずっと立ってたり、
座ったりするだけでも
左右どちらかに
体重をかけています。

 

同じ姿勢でいるから、
筋肉は使っていない
そう思う人もいますが、
同じ姿勢を保つのにも
筋肉は働きます。

 

じゃないと、
人間の体は
バラバラになります(‘ω’

 

しかも!
現在、多くの人が
必要な筋力が
弱まってしまい
無駄な力を使って
姿勢を維持しています。
(それについてはまた今度)

 

 

そんな状態では、
以前お伝えした
『筋肉の伸縮性』
が失われています。

 

そして、動きの中でも
癖が生まれてしまい
その癖がもともとの
癖を更に強める。

と言う状態に
なってしまいます。

 

だから、
リラックスしているはずの
寝ている状態でも、
その癖に筋肉や骨、
関節などが
引っ張られてしまい
歪みが出てしまうわけです。

 

もっというなら、
リラックスしているようで
力がはいっている
ということです。

 

ここまでくると、
身体も癖がある状態が
普通になるため
いくらほぐしても
歪みを整えても

『なにすんだ!!!』

くらいにしかならず、
帰るころには戻ってしまう
酷ければ、立った瞬間に
また歪みだしてしまいます。

 

じゃあ、
どうすればいいのか!?

 

次回は、それについて
お話させて頂きます。

 

それでは、
本日も最後まで
お読みいただき
有難うございます!

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね !

Twitter で

Tags: , , , , , , ,

Comments are closed.


お電話はこちらから