プロフィール

profile_photo1

笹谷 修平 / ササタニ シュウヘイ

1985.1.10生まれ
石川県出身

整体師 / 鍼灸師 / スポーツケアトレーナー
順天堂大学駅伝チーム専属トレーナー
コトブキヤ陸上部 稲田翔威選手契約トレーナー

高い技術と深い想いで、
絶対的な安心を提供できる場に


はじめまして。新宿区荒木町、四谷三丁目、曙橋エリアでスポーツ整体サロン リプラスを運営しています笹谷修平です。

私がこの仕事を始めて約10年目。色々な方をみさせて頂いてきました。その中でも、一番得意で多くの怪我をみてきたのはランニングに関する怪我です。

有難いことに、今では世界大会にもでるような選手にも来て頂けるようになりました。
なぜ、そのような経歴なのか、簡単ではありますが、自己紹介をさせて頂きます ^^)

自己紹介

箱根駅伝をご存知でしょうか?私の小さなころからの夢は、その箱根駅伝を選手として走り、優勝することでした。

中学生のころから陸上を始めましたが、怪我が多く、色々な治療を試しても改善しないものばかりだったので、選手としての道は諦めました。それならばと、自分の経験を生かして選手のサポートをするトレーナーとしてチームで優勝したいと考え、順天堂大学のスポーツ健康科学部に入学しました。

profile1

そして、順天堂大学の駅伝チームのトレーナーとしてチームに加わり、4年生のときに優勝することができ、夢は叶いました。

ただ、本当に色々なことがありました。

私が1年生の時、怪我が続き、それでも最後の箱根の選考レースだからと、状態の悪さをおしてレースに出場した4年生の先輩がいました。けれど、結果を出せず、レース後にグランドの隅で泣き崩れるその先輩を見たとき、凄い世界なんだ、と選手たちの本気さを痛感し、日々の体調管理の大切さを改めて思い知りました。

けれど、どれだけケアをしても、怪我で試合に間に合わずに棄権をしたり、レギュラーメンバーから外される、そんな選手達の姿を何人も見てきました。そんなことがある度に、

こんな思いを絶対にさせてはいけない。なんのために、ここにきたんだ!もっと何かが出来るはずだ!

そう感じて、それからがむしゃらに色々なことをやり始めました。

アスリートを専門としている治療院でケアの仕方を学んだり、図書館で専門書をひたすら読み漁り、運動生理学やバイオメカニクスなどを学び、時間があれば筋肉構造の写真をみて、自分の体で実践していきました。自分が経験したことのない怪我は、わざとその怪我になるように走ったり、動いたり、時にはレンガで足を叩いてみたり笑 なぜこの怪我が起こるのか、どうやったら早く回復するのかを検証しました。もしかして自分の魂が汚れているから周りの人が怪我をしてしまうのではないかと、魂を浄化するペンダントを買って身に着けたりもしました。笑


けれど、必死になればなるほど、自分のできないことの多さを知り、選手の力になれない自分を見つめたとき

≪何もできていないじゃないか…≫

と、毎日のように無力さを感じていました。

それでも、必死にあがき、自分が出来る最善を尽くそうと、走り続けた4年間、ついに箱根駅伝で優勝をした時、選手たちに
『お前のお蔭で・・・』と言われたときは本当に嬉しかったです。ただその嬉しさの中には、後悔と懺悔の念がありました。

それは

『絶対大丈夫!』
『任せろ!俺が何とかする!』

怪我で不安に苦しむ選手を目の前にその言葉を言えなかったこと。

もし言ってしまったら、怪我が治らずに試合になってしまったとき、その選手の思いを受け止められるのか、本当によい状態にすることができるのかという不安、選手の想いの重さを知っているからこそ、責任をとることが出来ませんでした。

けれど、その言葉を言うだけでもっと活躍できた選手がいたかもしれない。心技体という言葉があるように【安心して任せられる人がいる】という想いがあれば、それが心のケアとなり体の回復も早まっていたかもしれません。

責任をとる覚悟というのは、本当に難しいことだと感じます。けれど、間違いなく大切で価値のあることだと思います。

treatment6

その信念のもと、来て頂いた方が、自分の好きなことを存分にできる、不安や心配なく毎日を過ごすことができる。そんな当たり前以上の毎日が送れるようにサポートをさせて頂きます。

出逢った方、これから出逢う方、目の前にいる方に全力で、私と関わったことで少しでも生活に豊かさが増えるように、そんな人達と人生を分かち合えるように

『大丈夫。安心して任せてくださいね。』

そう心から言えるように、そうなるように。そのために、今日も全身全霊をもって治療をさせて頂いています(^◇^)



お電話はこちらから