Case

症例紹介

ぎっくり腰

急激な腰の痛み、動かすことができない、骨盤周りに広がる痛み…

今回はぎっくり腰についての記事になります。症例改善紹介はこちらから

新宿区四谷曙橋エリア
スポーツ整体サロンリプラスの笹谷です。

treatment1

物を持ち上げたとき、急に腰をひねった時、くしゃみをした時、『まさか…』と思うちょっとしたときに起こるぎっくり腰。周りからは笑われるけど、実際は物凄く痛くて笑えない。少しでも動かすと痛かったり、じっとしているのも痛かったり、仕事だけでなく日常生活でもかなりの負担がかかります。一刻も早く楽になりたい。今回は、そのぎっくり腰がなぜ起こるのかとそのケアをお伝えします。

 

 痛みの原因と症状

ぎっくり腰の多くは、下図にある仙腸関節に負担がかかった時におこりやすいです。

sij

jhjhjhjhhj

俗に“尾てい骨”と呼ばれている逆三角形の骨(仙骨)と、腸骨といわれる骨盤の骨とで形成されている「仙腸関節(せんちょうかんせつ)」という関節があります。その部位に炎症が起きているために痛みが出ます。仙骨は常に数ミリの動きを有していますが、身体を急にひねったり、中腰の姿勢でいたりすると仙骨が引っかかり、動きをなくしてしまいます。仙骨は背骨を乗せている基盤の骨です。この骨が動きを失うと、その上にある背骨すべてに影響を与えてしまいます。症状としては、

✅前かがみが痛い

✅腰を反らせない

✅同じ姿勢を続けていると動けなくなる

✅ズキズキと痛む

など様々ですが、基本的には動かすと痛いということが多いです。

 

 ケアの仕方

ぎっくり腰になった場合、冷やすか温めるかということが良く話題に上がっていますが、スポーツの現場でもみてきましたが冷やして良くなるのは、感覚がマヒしている時間の時だけで、またすぐ痛くなることが多かったです。ただ、冷やすのが必ずしも悪いわけでもなく、よくなった選手もいました。ひとつの判断材料として、温めているうちに痛みがズキズキと増して来たら、冷やした方が良いです。逆に、変わらない、もしくは楽になるのであれば温めた方が良いと思います。また、腰を温めるだけでなくお腹を温めるのも効果的です。さらにお腹を温めた後にお腹のマッサージをするのも良いです。

痛みが落ち着いてきたら、温めた後に軽く動かしたりするのがおススメです。

簡単なところで言うと、仰向けで両膝を立てて、その両膝を右左にパタパタと倒したりするなど本当に軽く動かす程度のものからで大丈夫です。

ただ、動かすことに関してはやはりご自分の判断だけでは難しいので、専門の先生にみて頂いて指示を仰ぐのが一番です。

 

 

ぎっくり腰の改善症例紹介はこちらから

 

95.7%の方が変化を実感。改善率満足度No1を目指す整体

都営新宿線、丸の内線エリア
スポーツ整体サロン リプラス

ご予約、お問い合わせは
03-4400-7452

『整体サロン、リプラスです』
とお電話とりますので、HPやブログを見たとお伝えください。

お悩みのことがありましたら、まずはお電話ください。

割引画像

この記事が良かったら、いいね!をお願いします!(^^)!
1人でも多くの人が記事をみれるようにご協力して頂ければ嬉しいです!

フェイスブックページにいいね!がまだの人は↓の画像横のいいね!ボタンにもチェックを(^^♪

 

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね !

Twitter で

お電話はこちらから