Blog

ブログ

ランニングが変わる4大要素

無題

マラソンやランニング
やり始めたはいいけど…

急に始めて大丈夫?
トレーニングって
何をしたらいいの!?

そんな疑問に答えます。
***************

こんにちは。

新宿区四ツ谷曙橋エリア
スポーツの痛み解消専門
整体サロンリプラス笹谷です。

前回(記事はこちらをタッチ)の続きです。

 

 

前回までに4回にわたり
ランニングにはなぜ
体幹トレーニング
特にインナーユニットが
必要なのかを
お伝えしてきました。

 

第1回
悩みそれは体幹トレーニングがわからないこと
~体幹トレーニングって何?~

第2回
アウターよりインナーを着たい
~これが体幹だ!!!~

第3回
マラソンに必要なトレーニング
~インナーとアウターの違い~

第4回
〇〇には夢と希望とエコがつまっている
~インナーの3つの効果~

 

 

今回からは

実践編ということで

いくつか簡単にできる

トレーニングをお伝えします。

 

 

・・・と言いたい

とこだったのですが

もう1回だけ説明が入ります。

とっても大切なので飽きずに!

お願いします!(^^)!

 

 

ランニングに絶対必要な4つの筋肉

 

体幹トレーニングで大切な

インナーマッスルといえば

インナーユニットという

お腹から背中を覆う

筋肉群があげられます。

 

20121107_252883

上から順に

 

横隔膜

多裂筋

腹横筋

骨盤底筋群

 

と書いてあります。

 

 

それぞれの機能については

またの機会にお伝えしますが

このインナーユニットは

姿勢を保持するために

常に30%くらいは

働き続けている

と言われています。

 

 

また、どんな動きであっても

一番最初に反応するのが

このインナーユニットだとも

言われています。

 

 

例えば、

手を挙げる、足を上げる

その様な動きでも

手や足の筋肉よりも先に

インナーユニットが働きます。

 

 

体を動かすということは

その分バランスも

保たなければいけないため

姿勢保持筋である

インナーユニットが働きます。

 

 

ということは、

この筋肉達がしっかりと

働いていないと

バランスが保てず

余計な力を使うということです。

 

 

どんな支障がでるかというと

肩を上げる際には

余計な力を使うため

肩周りの筋肉が

コリやすくなります。

 

 

走りだと腕や体幹、足に

力みが生じて

大きく体や手を振りながら走って

後半あるべきスタミナまで

使ってしまいます。

 

 

だからこそ

まずはインナーユニットを

鍛える必要があるということです。

 

 

それでは次回から

実践のトレーニングを

すこしずつ紹介していきます!(^^)!

 

 

それでは。

最後まで有難うございます。

 

 

***********************
★走り始めから終始膝が痛い
★私生活でも痛みがでる
★階段や坂の下りで膝の外側に痛みが出る
★お皿の周りで膝が固まったような痛みがある
★膝の内側がつっぱた様な痛みがある

実は、普通の整体やマッサージと
スポーツの整体やマッサージは違います。
どうしたらよいか分からない、
色々試しても改善しない、
改善するのか不安・・・
このままは嫌だ。
改善したい!

そんなご自分のことを真剣に考えるあなたのような方にとって、大切な役割が果たせるように出逢ってよかったと言って頂けるよう本気であなたと向き合える人生のサポートが出来るような存在でいたいと思っています。
お悩みのことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

 

割引画像

 

都営新宿線エリア
スポーツ専門
整体サロン リプラス
03-4400-7452

HP http://s-replus.biz/

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね !

Twitter で

Tags: , , , , , , , , , , ,

Comments are closed.


お電話はこちらから